不動産の相談は不動産CAへ

岡山県津山市小田中一英ネット株式会社事務所
〒708−0006 岡山県津山市小田中1300番地の2  Tel:(0868)32−1577  Fax:(0868)32−1578   お問い合わせ
不動産仲介業情報トップ > 業務日誌 > 不動産CAについて
賃貸物件 住宅購入 土地購入 事業用物件 月極駐車場 リンク集 会社概要 Q&A

不動産CAについて

FBページ投稿の「ランニング」について
業務日誌へ戻る
☆参考:不動産仲介業者の3タイプの立場(HP内リンク)
不動産CAについて

不動産CA(シーエー)は、
「不動産」と「CA(cliental agent クライエンタル エージェント)」を合わせた造語。

ここでの不動産とは「住まい」であり、土地や住宅(アパートも含む)のこと。
CAは「依頼人の代理人」のこと。(※依頼人:一般的にはお客様のこと。)

まず初めにお伝えしたいことは、
「あなたが希望を叶えるために交渉する相手は私ではない」と、言うことです。
私の役目は、あなたの良きパートナーになること。
不動産に関して、依頼人の代理人という立場で、
依頼人の最善の選択をサポートすること。
だから、代理人といっても私が全権を握り、すべてを決定するわけではありません。
あくまでも決定権は依頼人に。そうなんです。主人公は”あなた”です!

不動産仲介業者の本来の姿。
この役目を「不動産CA」と呼んでいます。

このような想いに至った理由のひとつは、
6年前に私自身が土地を探し、住宅を新築したからです。
土地の面積が広く、形状も縦長の田んぼ。
購入代金が高額になり、取得することを諦める方が多かった土地。
アイデアによって、その広さや形状を克服。
取得することができました。
そして、田んぼから住宅が建築できる土地への造成。
上下水道、都市ガスを利用するための工事へ。
並行して、新築住宅の打ち合わせから請負契約。
そして、住宅ローンの申請を。

土地購入の決定から住宅の引渡しを受けるまでの期間は約7か月。
初めての経験が盛りだくさん。
不動産業界で働いていたため、何となくイメージはできていましたが。
でも、一般の方はこの過程に不安はないのでしょうか?
人生の中でも大きなイベント。
数回経験するかどうかの住まい探し。
一般的には住宅の引渡しを受けて「住まい探し」はゴールですが、
ここからが新たなスタートであるとも考えられます。
住宅ローン返済や住まいの維持管理が始まりますからね。
私の場合は、さらに先を考えての購入でしたのでまさにスタート。
そのため、立地環境と住宅の耐久性も重視することに。
住宅ローンが残っていても、住まいは資産だと考えています。
市税である固定資産税を納付することからも分かりやすいですよね。
資産として住まいを考えた場合、
ざっくり言えば、現金を固定資産に交換したことに。
だから、いざという時に現金に換金できることも、
住まい探しの重要なポイントになるという見方もできます。
もちろん、利益が出たり、支払った金額での換金などは考えていませんよ。

どこを最終的なゴールとするかで、住まい探しの進め方も変わってくる。
私自身も経験した住まい探し。
そして、現在継続中の住宅ローン返済&維持管理。
経験しているからこそできる会話がある。
販売するための会話ではなく、
長い長いゴールを目指すための会話がしたい。
あなたの想いをきちんと受け止め、最善の選択をサポートするために・・・。

現在は、個人でも専門家以上に情報を収集できます。
インターネットや広告・雑誌、または住みたい地域へ何度も足を運んでの住まい探し。
一般的に業者の立場では広く浅く情報を入手しますが、
住まいを探されている方(依頼人)は狭く深く情報をお持ちの方が多いように思います。
ですから、依頼人の方が希望する地域の情報は詳しいことが。
そんな情報をたくさんお持ちの方でも
不動産仲介業者に契約を依頼すれば仲介手数料が発生します。
仲介手数料とは、不動産仲介業者が行ったサービスに対する報酬ですから。
ここで一つ質問が。
仲介手数料を「物件紹介料」と考えている方はいませんか?
そう考えている方は、これまで知らなかった住まい情報を紹介してくれなければ、
仲介手数料を払う意味が分からないかも知れませんね。
不動産仲介業者に依頼せず、司法書士などに依頼して個人間契約にすれば、
仲介手数料を支払う必要がありませんから。
えっ?と思われたかも知れませんが、個人間でも不動産の契約はできます。
もちろん、所有者さん(大家さん)の同意は必要ですが。

情報が飛び交っている状況の中、不動産仲介業者の存在意義は?
ましてや不動産CAという役目は必要なのでしょうか?
確かに不動産仲介業者に頼ることなく、住まい探しから契約、引渡しまで、
危険を回避できる自信のある方は、個人間契約の方が良いのかも知れません。
ですが先に申し上げた通り、一生涯で数回あるかないかの不動産の取引。
しかも高額になることが多い取引。
どこに危険が潜んでいるのだろうか?
どのように取引が進んで行くんだろうか?・・・、などなど。
不安がない方の方が稀なのではないでしょうか?
不安を解消したい、相談したいという思いに応えることが、
不動産仲介業者の存在意義であり、不動産CAの役目だと考えています。
成功報酬である仲介手数料は、住まいを得るまでの不安を解消し、
最善の選択ができた結果、頂ける報酬だと考えています。

私が「依頼人」と考えている方は、
不動産の取引に不安があったり、疑問をもっている方。
不安もなく、ご自身で情報収集し、仲介手数料を「物件紹介料」だと考えている方は、
残念ながら私のサービスにはご満足いただけないでしょう。
ですから、私の依頼人とはなっていただけないでしょう。
依頼人の想いを実現するために、時には諦めて頂く選択も必要になります。
理想の住まいのイメージがあっても、現実にはなかなか見つからない場合、
私は魔法使いではないので、目の前にパッとお出しすることはできません。
現況から最善の選択は何であるかを一緒に考え、答えを導き出すこと。
そんな住まい探しのお手伝いをしたいと思っています。

最後に、住まいを資産だと考えれば、
ご自身の住まいだけではなく、ご両親やご親族の住まいも同じく資産に。
贈与や相続を受けた場合、
売却、賃貸、管理等の運用が必要になるかも知れません。
若い年代でそのような環境となった場合、
不安になったり、疑問が生じたり、わずらわしくなりませんか?
まだまだ働き盛りで、家庭もあり、ご自身の生活もありますからね。

そのような状況に陥った時、不動産CAのことを思い出して下さい。
そして、背負った重責をそっとおろしてみませんか?

このページのTOPへ

FBページ投稿の「ランニング」について

FBページで頻繁に投稿している「ランニング」ネタ。
走ること・・・、今では生活の一部になっています。
そこで、現時点の「ランニング」への想いを掲載することに。
長文ですがご興味があればお読みくださいね。

2015年9月現在、ランニング歴6年。年齢は43歳。
最近はウルトラマラソンやトレイルランニングも楽しんでいます。
「40歳でフルマラソンを!」という目標を掲げて2年後にチャレンジ。
2013年4月に初フルマラソン(42.195km)完走。
次の目標はフルマラソンで3時間を切ること(「サブ3」といいます)に。
2014年4月、10月の大会での達成を目指しましたが返り討ち・・・。
これからも「怪我なくサブ3達成!」を楽しみながら目指します。

ランニングを始めてから良い変化がいろいろと。
体重、体脂肪、腹囲、総コレステロールなどが減少。
年1回受診している健康診断の結果も良好。
脚力、心肺機能は向上することで持久力がついたことを実感。
また、練習会などを通じて人との出会いも増えました。
さらに、早朝ランニングをしているため、朝寝坊だった生活習慣も改善。
結果的に目標を目指すことで「健康な身体」を手に入れました。
(身体とは、“フィジカル”と“メンタル”の両方を表しています。)

トレーニング中は苦しくて辛い時もあります。
でも、明確な目標があれば単なる苦痛はなく、続けることが義務でもない。
やり遂げた時の達成感や成長した自分への喜びを知りました。
だから、周りから見れば辛そうなことでも続けられるのだと思います。

でも、ランニングを続けているのは目標のためだけではありません。
目標の前に「目的」があります。
目的は「スーパーじいちゃん」になること。
ふざけていませんよ。本気です!
簡単に言うと、人生最後の日を迎えるまで、やりたいことを楽しんでできる人。

決して簡単なことではないと感じています。
老化と共に身体のあちこちが痛くなったり、固くなったり。
高血圧や糖尿病等で食事制限や薬に頼らざる得なくなったり。
心臓や内臓等に疾患が見つかったり・・・、などなど。
年齢にとらわれず、自分の可能性を信じてやりたいことを楽しみながら続けられる・・・。
とても素敵なことですが、容易いことではないと思っています。
楽しそうに、生き生きと一日一日を過ごしていれば、
周りの人にも良い影響を与えられそうですよね。
そんな刺激を生み出せる人になれればいいなぁ。

このような想いに至った理由は、「健康な身体」の大切さを痛感しているから。
私は個人事業主。
個人事業主は、頻繁に風邪や怪我に悩まされたり、
活力がなくて落ち込んでばかりでは仕事を継続して行えません。
働けないと収入は0円です。生活が成り立ちませんよね。
また、一般的に言われている加齢による筋力、心肺機能の低下。
低下が進めば、自力で活動することが困難になるでしょうね。

何としてもどうにかしたい。

残念ながら、加齢による体力の低下は避けられない。
ですが、実体験から言わせてもらえば低下速度は遅くできます。
現時点の健康状態にもよりますが、
低下した脚力と心肺機能を一旦上昇させることも可能。
簡単にいうと一種の「若返り」ですね。
できる時に「若返り」しておいて、その後はゆっくりと老けて行く。
そうすれば、自力で活動できる生涯時間も長くなりそうですよね。

ランニングを続けることで豊かな人生をになりそうだと予感しています。
少しづつの積み重ね、その積み重ねは目標への階段。
そして階段を登り続けるとスーパーじいちゃんに!
あと数十年経った時の姿はどうなっているのか・・・。
その姿に期待しながら走り続けたいと思います。

このページのTOPへ

Copyright(C) 2007 一英ネット株式会社 (不動産仲介業者)